スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さち雪姫


昔々、ある森に、かわいい小人たちと、
お姫さまが一緒に暮らしておりました。




        「ねぇねぇ、さち雪姫!アソボーよ!」
P1050227.jpg









    さち雪姫と小人は大の仲良し。


               「アソボ!」「アソボ!」「アソボ!」「アソボ」!


  「うっさいわね。
  今 寝てんのよ。」

P1050233.jpg










一方その頃、お城では魔女が鏡を
見ながら、何やら呟いておりました。





「鏡よ鏡?世界で一番美しいのは誰だい?」
P1050244.jpg








     鏡は「それは、さち雪姫です。」
   と答えました。




   「なんだと!!おのれ!さち雪姫めーー
P1050206.jpg









その頃、小人たちにお昼寝を邪魔された
さち雪姫は、昼食を取っておりました。



ガツガツガツ
P1030186(1).jpg







するとそこへ老婆が現れ、



    「もし、そこの可愛いお嬢さん。
    デザートにりんごはいかが?」


P1040972.jpg







          「まぁ!いただけるの?!」

P1040589.jpg











さち雪姫は、歯肉炎なのも忘れ、
思い切りリンゴを頬張りました。
    するとどうでしょう!





             「おかしいわ。歯茎から血が出る
         ・・・じゃなくて、眠くなってきたわ。」

P1040601.jpg








なんと老婆の正体は魔女だったのです。




「くっくっく!!お前が食べたのは
毒りんごだよ!永遠に眠るがいい!」


P1040973.jpg












眠ったまま起きない さち雪姫を心配した
小人たちは、たまたま森に遊びに来て
いた王子様(2役)に助けを乞いました。





            「何だって!さち雪姫が?!」

P1040913.jpg









王子様は、目覚めのキスをしようと
しましたが、姫の口から、お昼に食べた
レバニラ炒めの匂いがし、うろたえました。





                              「うっ・・・」
              ぷ~~ん
P1040927.jpg








王子様がブレスケアを取りに城に
戻っていると、さち雪姫は目覚めました。
何と魔女は、毒りんごと間違えて
普通のリンゴを渡してしまったのです。




「あー、お腹いっぱい食べたから、よく寝たわ。」
P1020519(1).jpg









その後、さち雪姫は何事も無かったか
のように夕飯のもつ鍋をおいしそうに
食べましたとさ。




ガツガツガツ
P1030186(1).jpg

        めでたしめでたし






やはり普段から口臭には気をつけたいですね・・・って、
やかましいですね。では皆様楽しい週末をお過ごし下さい
スポンサーサイト
プロフィール

がごめ

Author:がごめ
ポン♂9歳 さっちゃん♀9歳

チャペ♂14歳(現在、虹の橋で
美味しい物を食べまくってる)

+息子の「ひよっこ」5歳

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
くろこさん
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。